FC2ブログ

本質は変わらないって事を今一度考え直す時かも

今朝はAM練習会が開催されました!昨夜の雨で少々コートが濡れてましたが、水捌けしてると陽射しも出てきて
すっかり乾いたハードコートでPLAY出来ました♪行動したからこそ得られた♪♪
参加いただいた皆様、ありがとうございました( ^ω^ )
うちのパパさんも緊急参戦し、受け入れてもらえみんなと打てて嬉しかったようです。重ねてありがとうございます。

そんな練習会で今日もウイルソンのプロスタッフRFを使用しました!
いやいや、ホントこのラケットで普通に打ってる人マジリスペクト!!
あの重さを使うメリットを感じることよりデメリットを感じる方が圧倒的に多い(^◇^;)
つい持ち替えたくなりますが「持ち替えたら弱虫や!!」と自分に言い聞かせておりました。が、他のラケットも試したいので後半あっけなく持ち替えたことは内緒です(苦笑)

今の軽めのラケットに慣れてしまっているのですね。球際での操作がかなり手先だけだって事に気づきます。
まあ手先が動く事を悪く捉えていませんが、客観的に
・準備が遅い
・パワーが足りない
この2つが手先だけでは飛ばせない要因を作っているでしょう。

昔に比べるとラケットの反発が良くなり、ボールのスピードが上がり、タイミングが早くなって、どんどんラリーのテンポが上がってしまった事がその要因となっていると思うのですが、、、

とはいえ!とはいえです!!
そんなに昔と今って違うのかな?
ボールを飛ばす動作にそこまで変化はあるのだろうか?もちろん見た目は随分変わったけど、身体をどう動かすかは四半世紀くらいで変わっちゃうものだろうか?

IMG_3098.jpeg
IMG_3100.jpeg

で、なんとなく気になった今昔のラケット差。どのくらい大きく違うのか?と興味本位でお店にある「ウッドラケット:ウイルソンのジャッククレーマープロスタッフ」「昔のカーボンラケット:ヨネックスのR-7」「今のカーボンラケット:ウイルソンのプロスタックRF黒黒」の3種類の重さを比べてみる事に。
ウッドはガットのない状態で350g、他の2本はガットありの状態で352gでした。想像より差が無く驚いたよ。

乱暴ですが、重さが同じとすると単純に『ウッドラケット < 昔のカーボンラケット < 今のカーボンラケット』という飛び具合でしょう。てことはウッドでテニスをしてた人って、かなり身体の使い方が上手かったと考えられます。飛ぶラケットで飛ばせるって普通ですもん(^◇^;)飛ばないラケットで正確に飛ばすには身体の力を正確に伝えなければいけませんよね?それが出来ていた、もしくは、出来るように勝手になっていったと考えます。

ということは、せめて今の飛びの良いラケットの中でも重いラケットを使うことで
身体の力を正確に伝える打ち方を身に付ける事が出来るのではないでしょうか。
前々からそう思っていましたが、改めてそう強く感じています。

その為には
・ハイペースのラリーをしない
・腕を正確に動かすことで足が勝手に動くという定義を前提に行う
・構えることがショットのゴールとなるように打つ

の要素が必須となることでしょう。

小手先のテクニックも大事ですが、運動の本質を見直す為にも「重いラケット」を使ってみることは大事なんだ!
と、いう僕なりの定義をお伝えしたところで、今日はそろそろお終いにします( ^ω^ )

今日もありがとうございました♪

プロフィール

グランチャ店長

Author:グランチャ店長
福井でテニスプロショップの店長やってます!素敵なテニス情報が世界中から集まってくるようなお店を目指してます!みんなでテニスシーンを盛り上げていきましょう!

ホームページではブログ記事をガッツりまとめて紹介中!
www.grancha.com

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の投稿記事
○○ポンドで張ってください!で、同じになる?ならない?の基本 May 19, 2019
身近なモノでも同じように感じる「違和感」。どちらがリキまないか!?で考えると答えは簡単です。 May 18, 2019
工夫する楽しみ♪そして、それが喜びに♪♪ May 17, 2019
常識を疑う!つか、あの常識は違うんだよって話 May 16, 2019
5月24日(金)はガチシンの日( ^ω^ ) May 15, 2019
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる